一括で借りてもらう|初心者からでもはじめることができる|みんなで大家さんのメリット
集合住宅

初心者からでもはじめることができる|みんなで大家さんのメリット

一括で借りてもらう

外観

一括で借りてもらう

賃貸経営をしている場合に最大のリスクとなりうるのが空室率や家賃の滞納です。いずれの状態になると本来得られるはずの収入を得ることができず、場合によっては赤字になる可能性があります。このため賃貸経営ではこの空室や滞納を避けるためにさまざまな工夫があります。空室対応では不動産会社などに積極的に売り込んでもらったり、賃料を下げるといったことがありますし、滞納に関しても保証会社を使わせるといったことや家賃回収を不動産会社に依頼するといったことがあります。そして、これらのサービスをまとめて行えるのがサブリースです。サブリースは建物をまるごと不動産会社などに借りてもらうことで、賃料収入はその不動産会社から一括して受け取ることができます。

メリットと注意点

サブリースのメリットは、借り手が1つになるということです。通常の賃貸経営では、賃貸借契約は入居者ごとに行うことになりますが、サブリースではその相手が1つになるのでさまざまな事務処理の煩雑さを軽減することができます。また賃料もサブリースとして貸し出した会社から受け取るので、実質的に安定した収入を得ることが可能です。一方で注意点としては、契約相手がサブリースを受ける会社のみになるため、入居者との接点が薄くなるということです。この点は、何らかの問題が起こったさいに当事者にならなくて良いメリットがありますが、反対にどのような人物が入居しているのかわからなくなる可能性があります。またサブリース会社の契約更新で賃料の引き下げを要求されることもあり、その点も含めて、しっかりとサブリースを行う会社と交渉できる能力を持っている必要があります。